結婚したいのかわからない、自分がどうしたいのか確認するには?

婚活をしているのに結婚したいのかしたくないのか、本当の自分はどうしたいのか、悩むことありますよね。かといって、一生独身でOKなどと決断できるかといったら全然違う。

周りの影響で焦っていないと言えば嘘になる。だって、みんな結婚して幸せになっているでしょう?
当然、私だって結婚したい!でも今、結婚するためにいろいろしなくちゃいけないとなる。今の仕事はどうする?子供は?

 

そういうふうに感情がモヤっとして、自分の気持ちがわからなくなってしまう時ありますよね。

悩む事自体は良い事です。自分が本当に求めるものは何なのか向き合うキッカケになるから。

 

自分は本当はどうしたいのか、自分の本音と向きあってみましょう。

妥協してまで結婚したくない、と思っている30代婚活女性へ。

2018-12-16

本当は結婚したいのかわからないと思う理由

「婚活中なのに心の底では結婚したいかどうかわからない」という一見矛盾しているようにも思える悩みをかかえるアラサー女性が多いのはなぜでしょうか。

 

結婚して幸せになれるのか?

例えば、両親が離婚していたり、離婚していなくてもラブラブとは程遠い関係だったりケンカが絶えない様子をみて育っていたら、結婚して幸せになるイメージがつきにくいでしょう。

また結婚して不幸になった人がいたり、結婚した友人が夫の文句を散々言っている人が身近にいる場合は、結婚に対してネガティブなイメージをもつのも無理ないでしょう。

 

もしあなたがそういう環境にいたのであれば、どうして彼らは不幸になったのか考えてみましょう。直接リサーチできるのであれば、してもいいかもしれません。同じ間違いをしない回避できるヒントが見つかるでしょう。

例えば、親との同居から不仲になった。夫の転勤から不仲になった。夫の浮気が原因になった。子供が出来てから夫婦がギクシャクしたなど、いろんな原因がわかるでしょう。

 

原因が分かったら自分ならどうしたいか、考えてみましょう。

あなたが結婚して幸せになれるかどうかは、「あなたの過去の記憶」ではなく「あなたの将来の選択」次第です。

 

親と自分の人生。他人と自分の人生は違います。あなたがどういう人生を歩みたいかなのです。結婚して不幸になる人生と、結婚して幸せになる人生。あなたはどちらも選べます。

 

結婚に対して漠然とした恐れや不安がある

両親も結婚して幸せそうだし、小さいころから自分も大人になれば結婚するつもりでいた。

だけどいざ適齢期がやってきて、結婚が現実味を帯びてきたら、とっても不安になってきた。そんな女性も少なくありません。

 

これは単に、未知の体験に対する不安である場合が多く、結婚したことがないんだから不安に思うのは当然のことです。

この場合は何かが吹っ切れるか、または「私は結婚しない人生を選ぶ!」という明確な意志が持てない限りずっと悩み続けることになります。

 

もちろん悩むことはより良い人生を送ったり、深みのある人間になるために必要なことです。でも、ずっと同じ悩みを頭の中でループさせ続けることは、残念ながら解決になりません。

まだ起こっていないことへの漠然とした不安を解消するには、一歩でも前に進むしかない。思い切って飛び込むこと。

 

行動した先でまた新たな悩みが発生するかもしれませんが、同じ悩みをループさせていたころに比べて、ずっとすがすがしい気分で立ち向かえるでしょう。

 

今は結婚の必要性を感じないが「将来」後悔するかもしれない

仕事は忙しくも楽しいし、家族とも友達ともすごく良好な関係でさみしくない。どうしても自分の子どもを産みたい、というわけでもない。この幸せな一人暮らしのペースを乱されるくらいなら結婚しないほうが良いかも、と思う人も少なくありません。

でも出産のリミット間近で急に子どもが欲しくなるかもしれないし、年齢を重ねるにつれて1人で暮らすのがさみしくなるのかもしれない。周りから言われて、自分でも「そうかもしれない」とふと思う時もあるかもしれません。

 

あなたが今パートナーを探すことよりも大切にしていることがあるのであれば無理して婚活する必要は全くないでしょう。

世の中の多くの人は、「他人の目が気になるから」「適齢期が来たら結婚するのが当たり前だから」そんな理由で、自分の心の声を聞くことなく結婚してしまいます。

 

自分で考えた結果「今は必要ない」と感じるのであれば、それがあなたの人生にとっての最良の選択。

人生の選択は山ほどあります。その時の自分の直感を信じて選んだ道がその後の人生に繋がります。あなたの人生はあなた自身のもの。誰のものでもありません。幸せになる決断をしましょう。

 

結婚したいのかどうか悩んだ時にはどうしたらいい?

結婚はゴールではありません。特に婚活をしていると、ゴールを結婚に設定しがち。

本来は彼のことを好きになって、ずっと一緒にいたいから結婚という流れ。すごく自然な流れのなかで結婚に至るもの。

 

もしあなたが婚活をしていて悩んでいるのであれば、自分の今後の人生をどう生きていくかということを考えられる時間が婚活と捉えられたらいかがでしょうか。

真剣に自分の望む未来を考えて、一生一緒に出会える人かどうか真剣に相手と向き合うことで、自分の本音が見えてくるもの。

 

これだけ複雑化した社会は幸せも様々。自分にとって幸せとは何かを考えれたタイミングだと思い、本当に求めること、自分は何が好きで何が嫌いか、どういう人生を歩みたいのか、じっくり向きあってみましょう。

 

 

まとめ

婚活するうえで自分は本当に結婚したいのか?を考えることができる女性は、とても素晴らしいこと。

「適齢期になったら結婚するのが当たり前だから」と何も考えないのは、心から自分の幸せと向きあっていない証拠。

 

「出来るだけ早く結婚したい!」と結婚に必死になる女性より、「結婚?その気になったときにするのかもね」くらいのスタンスでいる女性のほうが魅力的です。

本当はどう生きたいのか、なんども自分に問いかけ自分をよく知ることか始めてみませんか?

 

自分を偽らず本音で生きる選択をしてみましょう。

 

 

 


恋愛・結婚ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

20代後半から787万自己投資をして、自己啓発難民に。 その中で潜在意識と出会いようやく自分とガチで向き合う。その甲斐あって、35歳の時に初めて婚活をし→3ヶ月で夫と出会い→1年後に結婚。 昔の自分と同じ状況の女性を応援したく、ブログを書いています♪